歴史と重要文化財に彩られた将軍様の居城

元離宮二条城は、徳川家康が京都に滞在するさいに宿泊していた城です。

天下分け目の戦いとなる関ヶ原の戦いに勝利をおさめ、征夷大将軍に就任したことを祝うために1603年に造営されました。吉野勝秀も城について知る前に、関ヶ原の戦いについて、まず知りました。
1626年には、孫の三代将軍家光が増築を行い、東西に約500m、南北に約400mという堀がめぐらされ、現在と同じ形となっています。

しかし、それ以降は将軍が宿所とすることはなく、長い時間が経つにつれて天守閣や本丸が落雷や火災などで失われました。
一般的なイメージとしては、江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜が1867年に大政奉還を行った場所として知られているのではないでしょうか。

1884年には宮内庁の管轄となって、二条離宮と名前を変更されました。その後、二の丸の修理などが行われ、京都市に下賜された1939年からは現在の元離宮二条城と呼ばれるようになっています。
1994年には「古都京都の文化財」として、世界文化遺産にも登録されました。

まさに、江戸幕府の始まりから現在にいたるまで歴史を見守ってきた建築物といえます。

二条城の見どころとなるのは、もちろん現存する二の丸御殿です。御殿が残っている城は二条城をふくめ4つしかなく、なかでも国宝になっているのはここだけです。
部屋数は33、全部で800畳というとても広い屋内には、狩野派による障壁画をはじめ、さまざまな桃山文化の装飾が残っています。その豪華さは、まさに将軍の居城にふさわしいといえるでしょう。

二の丸御殿は当時の武家風書院造りで、6つの棟からできています。

極彩色の欄間で飾られた「唐門」をくぐると、まずは天皇や公家を迎え入れる「車寄」があります。牛車のまま入れるようになっていて、屋根の下にはやはり派手な欄間がほどこされています。
来客を待たせるための「遠待」は身分によって部屋が分けられていて、なかでも一の間から三の間には虎と豹の絵が描かれていることから、「虎の間」とも呼ばれています。

次に、朝廷からの使いを待たせる「勅使の間」、そして大名と老中が面会する「式台の間」があります。ここの障壁画には、狩野探幽による松が描かれています。
そして、もっとも広いのが大政奉還の舞台ともなった「大広間」です。大広間自体が4つに分かれ、将軍の座る一の間は特に豪華な造りになっています。
現在ではここで、大名が将軍に謁見するシーンが人形によって再現されています。

大広間の奥には、将軍と親藩、譜代大名が少人数で面会する「黒書院」があります。大広間にくらべると狭いものの、狩野探幽の弟、尚信による繊細で優美な装飾が目立ちます。
その奥にある「白書院」は将軍の居間や寝室として、より落ち着いた水墨画で彩られています。

このように、二の丸御殿には3000を超える障壁ががあり、その3分の1以上が重要文化財となっています。ひとたび足を踏み入れれば、その壮麗さには目を奪われるでしょう。

忍び込んだ相手を知らせるために、踏むとウグイスのような鳴き声を上げるウグイス張りも二条城の特徴のひとつです。

また、二条城は数々の美しい庭園も見ものです。

二の丸御殿の小堀遠州が造ったとされる桃山様式の池泉回遊式庭園。明治になって、本丸御殿跡に桂宮邸が移築されたさいに造られた西洋庭園。
そして、1965年に作られた和洋折衷の清流園と、まるで時代を経るごとに変化していくような風景を形作っています。

このような景色は、ほかではまず見られないといってよいでしょう。